包茎手術後に後悔したくない!仕上がりに関する基礎知識

包茎手術には、症状に応じた適切な治療法が複数準備されています。
クリニックによって採用している治療が異なるため、仕上がりや経過観察もそれに従った方法を選択しなくてはいけません。
包茎手術は、単純に治療を行うのではなく術後を含めた対処が不可欠です。
実際に、アフターケアが揃っていないクリニックでは安心して完治させるのが難しくなります。
料金面でも不透明な場合は安心できませんので、後悔をしないようにまずは優秀なクリニックを探すことから始めなくてはいけません。
そのためには、包茎手術やその仕上がりについての基礎的な知識を学ぶ必要があります。

包茎手術で後悔しないための2つの基礎知識

包茎手術で後悔をしないためには、まず前提となっている以下の2つの知識を知っておかなくてはいけません。
まず、包茎の症状は3つに分類できるという点です。
大きく分けると、真性と仮性、カントンの3つがありそれぞれの症状で手術内容も料金も違います。
特に、治療の必要性が重大であると考えられるのが真性とカントンです。
これらは、条件を整えると保険適用ができるものなので、医学的にも状態が悪いことが判断できます。
包茎手術を行う際も、メスを使った治療法が一般的になり、それに対応できるだけの準備をクリニック側も整えなくてはいけません。
そのため、まずは自分がどういった包茎の種類なのかを知っておく必要があります。
そして、クリニック側のサポート面です。
クリニックは、料金を設定して医療サービスを提供しています。
この場合、安易に安さで判断するのではなく必ずその内容を確認しなくてはいけません。
包茎手術は、治療から完治まで一連の流れで行っていくものです。
追加的に料金を設定されたり、治療に関する保証が充実していないケースでは後悔する可能性が高くなります。
仕上がりを気にする場合は特にアフターケアが重要なので、全体を見て精査することが大切です。

仕上がりは利用する手術内容で異なる

包茎手術の仕上がりは、利用した内容で異なることが多いです。
特に、医療技術の発達した現代では簡易的な方法で包茎手術を済ませられる方法も存在します。
そもそも、包茎の状況は患者で個人差がとても大きく、メスを使った大規模な治療をしなくても簡易的に済ませられるものもあります。
この場合、メスを使った方法を利用したときと比較しても、経過観察が楽になります。
一方で、きちんとアフターケアを行わないと問題になる手術も存在します。
代表的な方法では、亀頭直下埋没法があります。
これは、実際にメスで包皮をカットして亀頭の付け根の部分で縫合する手術です。
包茎手術の中でも、最も綺麗な仕上がりになる治療法として多くのクリニックで取り入れられているものです。
ただ、この治療法に関しても真性とカントンでは実は難易度が全く異なります。
通常、亀頭直下埋没法で非常に良い仕上がりになると考えられているのは真性包茎の方だからです。
難易度が高まるカントンの場合は、実績や経験を活かした高度な治療が求められます。
ですから、同じ治療法を採用していたとしても症状に応じて本当に綺麗な仕上がりにできるかどうかはクリニックの腕次第になります。

完璧な状態にするためのケアの重要性

包茎手術では、治療時と事後のケアをバランスよく考えなくてはいけません。
例えば、包茎手術で綺麗な仕上がりにするためには、傷跡が小さく出血量が少ない治療法が求められます。
陰茎には、大量に血液が流入する仕組みになっていますので下手な治療を行うと出血量がとても多くなるからです。
そのため、血管の状況を確認しながら繊細な手術を進めていかなくてはいけません。
実際に、優秀なクリニックでは修正手術というものを行います。
これは、陰茎がきちんと元の状態に戻って正しく機能するように行うものです。
傷跡を目立たないようにし、その後のケアを順調に進めるためにも実はこの修正手術ではより高度な技術が求められます。
包茎手術の特徴は、このような修正手術や事後のケアが必須である点です。
これは、仕上がりに直結するからです。
仮に、修正に失敗してしまうと見た目が悪くなってしまったり、治療を行った局部に痛みが継続することになります。
一方で、こういったケアのバランスを整えているところではこのような失敗や後悔はありません。
ミリ単位で精密な縫合や治療を進めていくことになるため、アフターケアの段階で痛みの程度が小さくストレスがかからないからです。

まとめ

包茎手術の仕上がりは、手術の内容とそのケアのバランスで決まります。
現実的にも、それぞれのクリニックで採用されている治療法は異なり、それに応じた最善の対策を常に考えなくてはならない現状です。
亀頭直下埋没法など、各クリニックでノウハウを持っている治療法ではよりその技術さが鮮明になります。
修正手術を行って傷跡を消していき、アフターケアのときにも痛みがぶり返さないように細心の注意を払います。
そのうえで、前と同じように男性機能が正常に働くようにしなくてはいけません。
仕上がりと機能面を満たすことで、初めて包茎手術は成功といえるからです。